脱毛はエステサロンとクリニック、どちらが良いか

ただし、ここで問題になるのが、Iライン部分の皮膚に存在するメラニン色素です。陰部に生える性毛は、太くてとてもしっかりとした毛質であるのが普通です。この硬い毛やショーツの布地との摩擦のために、性器周辺部の皮膚には色素沈着が起こっています。この部分の皮膚が黒っぽくなっていたり、茶色っぽくなっていたりすることは当然ですので、照射する光線が皮膚にも強く反応して、場合によっては強い痛みを感じてしまうことになります。なので、あまりに痛みが強い場合には、照射のパワーを低下させることになります。そうすれば、皮膚のメラニン色素には反応しなくなりますので痛みの発生を抑制することができるのですが、当然のことながら毛母細胞に与えるダメージも小さくなってしまうのです。つまり、あまりに皮膚の色素沈着がひどいと、皮膚にダメージを与えないようにするために照射する光線の出力を大きく下げなくてはいけなくなり、結果的に何度通っても脱毛の効果が得られにくいという人も出てきてしまうということです。そのような場合には、エステサロンではなくてクリニックへ変えてみるというのも一つの方法です。


カードローン

胆嚢結石

吹田の不動産情報は賃貸PARKへ!

名札を付けていますか

新幹線 京都、大阪